トランジスタ

FET

汎用IC

高周波IC

デジタルIC

ダイオード

コンデンサ

コイル

その他の部品

水晶

Quick Silver

MDD

Macpro

御注文方法

Apple Parts Nummber (P/N) 614-0400,614-0436, 614-0455 (FS8001)について

最近、お問い合わせが増えてきましたので掲載します。

Acbel製のFS8001に共通の故障ですが、電源ユニットFAN側から内部を除くと下側基板に緑色のだ円形の部品が見えます
これは突入電流制限用の部品ですが、この部品が焼けてしまうと割れて緑のかけらがケースからこぼれて出てきます
通常、起動時は電流はリレーがONしてこの緑色の部品をバイパスしますが、リレーが正常に働かないためこのように燃えてしまいます。この場合全く起動しなくなったり、起動途中で突然落ちます。
しかし起動しない、突然落ちる原因が全てリレーが原因ではありませんので誤解されないようお願いします

614-0455にSONG CHUAN製リレー(888H-1AH-F-C NH)が使用されており、分解したところ、接点が放電し溶けていました。
他の614-0455にはGOODKEY 製 EZ-SS 112DMが使用されており、こちらは問題なしでした。

写真の右端にオレンジ色の部品がありますが、その奥にリレーがあります。
白色の場合はGOODKEY 製で大丈夫ですが、黒色の場合はCHUAN製で要注意です。
100%壊れる訳ではないでしょうが、基板が焼けこげる前にリレーを交換することをお勧めします。

重要
内部には400V近くの電圧がかかっており、電気を切ってもしばらく貯まっており感電事故・死亡事故の危険が大いに有ります。
この記事を読んで分解し怪我・感電・死亡などしても弊社は一切責任を負いません。
取り外しはかなり困難ですので、自分で弄らずお送り下さい。分解・弄られたものの修理は致しません。

Delta製の電源DPS-980シリーズにはSONG CHUAN製の875シリーズのリレー使われていますが故障はあまり見受けられません。
リレーは機械的動作をしますので、衝撃を与えると故障の原因となりますので、間違っても電源ユニットを落としてはいけません。

2020年2月1日追記
修理可能となりました、修理代金8700円とは別に部品代1600円が必要です
炭化した部分は削り取り修復します、リレーは有名国産メーカーの物に取り替えます、
こちらより御相談下さい

緑の部品(サーミスタ)に破損が無くてもリレーの接触不良で下記の症状が出ることがあります、リレーの交換で改善しました
AcBel FS8001 (P/N 614-0455)
・立ち上げ時電源が全く入らなくなり、電源コードを抜いて30分位放置してからだと電源が入る。
・スリープに入った後、電源ランプが点滅していて回復しなくなる。電源ボタン長押しで強制終了後は電源が入らない。
●サーミスタが焼き切れる前に下記の症状がある場合、点検をお勧めします、最悪の場合基板が焦げ修理が困難になります。

リレー(国産メーカーの物)の在庫が少なくなっています、早めの対応をお勧めします

▲トップページへ
Copyright (C) 2020 Radio house All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】